意外に強かったAI将棋2004

先月の終わりごろ、
「将棋の話17~AI将棋2004と対戦」
というタイトルの記事を書きました。

そこでこう書いた。

「AI将棋2004の四段レベルが
私にはちょうどいい対戦相手のようなので」

とーんでもない。
大変失礼致しました。

将棋ソフトの棋力調査と題して
その後ちまちまと時間をみつけては
4つのソフトの最強レベル同士の対戦を続けまして、
総当りで8局ずつやってみた結果、

とーんでもないない、
の、前言撤回をせざるをえなくなったわけでございます。

4つの将棋ソフトを改めて書いておきますが、

激指4(「激指」2005年バージョン)
ボナンザ(プロ棋士の間でも話題のフリーソフト)
東大将棋定跡道場完結編(「IS将棋」2004年前期バーション?)
AI将棋2004(「YSS将棋」2003年バージョン)

です。

前回の記事では、
AI将棋2004が東大将棋6レベルであろうと書きました。
「東大将棋6では時々勝てたのが定跡道場完結編では全く勝てなくなった」
「激指4なら尚更勝てない」
「AI将棋2004四段が私にはちょうどいい対戦相手で、
4回対戦して3連敗後やっと1回勝てた」
などと、言いたい放題。

最強四段、時間無制限、待ったなし
という条件で1回勝ったのは事実なんですけどね。

ところがどっこい。
予想だにしない結果がでてしまって、
私はびっくり仰天です。
対戦成績を一覧表にしましたのでご覧ください。

  AI2004四段激指4四段ボナンザLv6東大四段勝-敗勝率
1AI将棋2004四段----5 - 35 - 38 - 018 -  67.500
2激指4四段3 - 5----7 - 16 - 216 -  86.400
3ボナンザLv63 - 51 - 7----6 - 210 - 144.167
4東大将棋定跡道場四段0 - 82 - 62 - 6---- 4 - 201.667


なんと一番強かったのは激指4でもボナンザでもなく、
「AI将棋2004」だったというこの事実!

「東大将棋定跡道場完結編」相手には8勝0敗です。
なぜその東大将棋に全く勝てないのに、
AI将棋2004に1勝できて、
負けた3局とも善戦することができたのか?

摩訶不思議。

「激指4」も「東大将棋定跡道場完結編」も
「ボナンザ」も指すのが早い。
その早さに惑わされてよく考えずに指していたのが
勝てない原因だったようです。

「AI将棋2004」の時は
じっくり集中して考えて指していた。
だから善戦もし1勝もできた、
ということのようです。

一生懸命指せば、
いい勝負ができるということらしいですね。

とりあえずこれからもAI棋士四段さんに
将棋を教わろうと思います。
中断した局面から指しなおす
ということができないのですよ、
棋譜解析もできずば
検討モードもないけれども、
強さは将棋ソフト中一番なのがAI将棋=YSSだった。
2003年の思考アルゴリズムでも、
今の十分トップレベルで、
十分通用するわけです。

お見それしました。
山下さん。(謝謝)

(渡野川)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック