ぐだぐだな終盤

また将棋です。かんにん。

以前、「詰めが甘い」という文章書いたことがあります。
将棋用語で言うところの、「終盤が弱い」ということなのですが、
将棋の上手な人は終盤が強いもので
序盤リードされても終盤でひっくりかえす。

そのような将棋を指したいのですが、
私は相変わらず終盤が弱い。
下手。

よっていまだに初心者の域をでることができないわけだ。
どんなもんだい。

それでもいちおうは、超初心者の、
どこにも打ち込む隙を作らず、
べたべた「と金」作って寄せてくる
美しくない将棋に劣勢に立たされたとき、
超初心者は、大駒とれると思ったら
それだけしか見えず、
喜んでとってくれますから、
飛車角ただで取らせてその隙に詰ます
というようなことはすることがある。

でもやっぱり初心者は初心者のままで、
いっこうにうまくならない。

今回の棋譜は、題して

「ぐだぐだな終盤~対△右四間飛車・舟囲い」

です。
詰みを二度逃している。
二度目は23手詰めで逃しても仕方が無いような感じですが
一度目の19手詰めはちゃんと読めば見える順でした。
それを見逃したために、
まさしく、
ぐだぐだな終盤になっちまいました。
とほほ。

序盤うまく指せたと思っていたのに、
そういう時に限って終盤があきまへん。

いちおう以前に急戦の右四間飛車の棋譜あげたので、
今回は落ち着いた右四間飛車との将棋だったので、
とりあげてみた、
ということなのですけど、
やっぱりぐだぐだな終盤をやっちまったら
勝っても嬉しくないもんだ。

理想が高いが実力がない、
という場合、勝っても負けても
気分がよくない。
それが次につながらないからなお悪い。

などとぼやきつつ、
夜は更けてゆくのであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック