ジョグと映画と本と将棋のお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 将棋ソフトの棋力3

<<   作成日時 : 2006/03/05 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

以前、「将棋ソフトの棋力」「将棋ソフトの棋力2」「意外に強かったAI将棋2004」と
三つの記事で、
市販の将棋ソフトの棋力調査結果を報告しました。
その後、メンバーを少し入れ替え、
再び総当りトーナメントをして再度調査し直しておりまして、
ようやくすべての対戦で先、後各4回合計8回
対戦が終了しましたので、
まず大雑把な結果ご報告をしてみたいと思います。

まず今回参加のソフトですが、
東大将棋のバージョンを「定跡道場完結編」から「東大将棋8」にして、
激指を「激指4」から「激指5」に変更しました。
加えて「銀星将棋4」を新たに参加させることにしました。

よってこのようなメンバーです。

「東大将棋8」(最新・2005年前期バージョン)
「激指5」(最新・2005年後期バージョン)
「AI将棋2004」(2004年バージョン。最新はAI将棋ver13」
「銀星将棋4」(2005年前期バージョン。最新は銀星将棋5」
「ボナンザ」(プロ棋士の間でも話題のフリーソフト)

世界コンピュータ将棋選手権などに参加するプログラムと
製品名との関係は以下の通りです。

東大将棋8 → IS将棋
激指5    → 激指
AI将棋2004 → YSS
銀星将棋4  → KCC

これらはコンピュータプログラムの4強として定着しているメンバーで、
今一生懸命Tacosというプログラムがここの一角を崩して
割り込もうとしていますが
なかなか牙城が堅牢で崩せるところまではいっていません。
今年の選手権ではどうなるかわかりませんが。

これらに、
フリーソフトでプロ棋士の間でも話題になり、
将棋専門掲示板「パイナップル」管理人が、
「奨励会2段半相当の棋力」と評価した「ボナンザ」を加えて、
すべて
最強レベル、平手、時間無制限、先読みOFF
という条件で対戦させました。
千日手になった場合、
先後入れ替えて指し直しさせております。

ちなみにPCのスペックは以下のとおり。

CPU:Pentum4 2.53GHz
メモリ:512MB
OS:WindowsXP SP2

結果順位と成績は以下の通りでした。

東大将棋激指5AI将棋銀星将棋ボナンザ勝敗(千日手)勝率
1東大将棋8四段----7勝1敗3勝5敗6勝2敗4勝4敗20勝12敗.625
2激指5五段1勝7敗----5勝3敗(1)4勝4敗(1)7勝1敗17勝15敗(2).531
2AI将棋2004四段5勝3敗3勝5敗(1)----4勝4敗5勝3敗17勝15敗(1).531
4銀星将棋4Lv72勝6敗4勝4敗(1)4勝4敗----5勝3敗15勝17敗(1).469
5ボナンザ4勝4敗1勝7敗3勝5敗3勝5敗----11勝21敗.344


強いと評判のフリーソフト「ボナンザ」は残念ながら最下位の5位。
それでも四強ソフトすべてに1回は勝ち
「激指5五段」以外とは、
ほとんど五分といってよい戦績です。

「東大将棋8」は流石に前回参加の
「東大将棋定跡道場完結編」よりは強くなっていて、
6割を越す勝率でトップ。
「激指5」を圧倒的強さで打ち負かしています。
しかし「AI将棋2004」には僅かに負け越し、
「ボナンザ」とは五分となっている。

「激指5」は「ボナンザ」にはめっぽう強いが、
「東大将棋8」にはめっぽう弱い。
「AI将棋2004」は古いバージョンながらすべてのソフトと互角の実力。

こう見るとソフト間の相性というものがありそうで、
一概にどれが一番強い、とはいえないようです。

後日、すべての棋譜を公開する予定にしていますが、
私の印象では最も筋がよかったのは「AI将棋」だったように思います。
筋がよかった、というよりは
「私に指し筋が分かりやすく納得できるものが多かった」、
と言ったほうがよいかもしれません。

「激指5」は理解に苦しむ無理攻めを延々続け、玉砕することも多く、
プログラム上の欠陥とすら思えるような手を指すこともしばしばだった。

「ボナンザ」は超急戦や力戦の将棋が大好きなようで、
いきなり角を切ってくる攻めをみせたり
他のソフトもそれに翻弄されるようなところがあったが、
多くは無理筋で、しっかり受けられて
逆転負けということになる。

「東大将棋8」も、負けるときはとことんヘボで、
私ですら悪手だと思うような手を指すこともあった。

どれも「安定して強い」とは言えないようです。

「銀星将棋4」は一番の長考で、最も早指しは「ボナンザ」。
指し手の早い順番に並べるとこうなるでしょう。

1「ボナンザ」
2「激指5」
3「東大将棋8」
4「AI将棋2004」
5「銀星将棋4」

「ボナンザ」のこの早さと棋力なら
選手権で決勝に残ることはできる感じがしました。

さて、この結果から
どのソフトがお勧めか、という結論は出しにくい。
「激指5」は2005年12月に出たばかりの最新ソフトですが、
終盤に致命的な読み間違いがあるようです。
これは「激指4」時代からあるもののようで、
さっきまで「勝ち」と評価していたのに一手相手が指すと
いきなり「敗勢」になることがあり、
おかしいと思って「検討モード」で読み筋を確認すると、
なんと途中で読むのを放棄してしまっていた!
これではヘボな負け方するはずだ。
この対局ではその後辛うじて千日手に持ち込み
指しなおしになったので負けはしなかったけれど、
この欠陥がある限り
買うことをお勧めしにくいですね。

「東大将棋8」は棋譜解析で
形勢判断が激しく入れ替わるところがあり
疑問はあるけど「激指5」よりはましかもしれません。
「AI将棋」は古いバージョンだから
最新バージョンがどうなってるかわかりませんが、
安定していて、悪手も疑問手も安定して表われる。

「銀星将棋4」は長考するわりには筋の悪い手を指す。
何より「横歩取り」で後手「3三角」が今の常識であるにもかかわらず
そこで「3三桂」とするセンスの古さがあるので、疑問です。

どれも筋の悪い手を指すが、
強さはいずれもアマチュア有段者レベルなので、強いことは強く、
買って損はないですが、
学習用にはあまり向かない強さかもしれません。

よってオリジナルの機能を比較して
選ぶようにしたほうがいいかもしれません。

まず全部の市販ソフトの最新バージョンには
「棋譜解析」機能はついているでしょう。
「検討モード」もよい機能で、
「東大将棋8」にも「激指5」にもついています。

「東大将棋8」には、
最新の定跡手順をある程度進めてから対局することができる、
「定跡道場」という機能がついていて、
これが独特です。「東大将棋8」では今プロ棋戦で大流行の
「一手損角がわり」も指せます。
奨励会のシステムに似せたレーティング対局ができたり
順位戦のようなトーナメントができたり、
ある局面から勝ちきることで級位が与えられる
「棋力判定所」という機能があったり
詰め将棋を解くことで棋力を判定してもらえたり
女流棋士との擬似対局ができたりと、
楽しむ機能は沢山あって買って損はない感じです。

「激指5」には、
前バージョンに無かった「ストーリーモード」というものがついています。
「ファイナルファンタジー」のような、
日本独特のロールプレイングゲームめいたストーリーで、
途中に将棋を初歩から学習できる、
次の一手問題や「東大将棋8」の「棋力判定所」のような
勝ちきり問題がでたりしますが、
私はファイナルファンタジー的RPGが好きではないので、
ストーリーはすべて飛ばして、
問題だけをやりますからほとんど必要ない機能です。
しかしFF的RPGが好きな人には楽しめるかもしれません。
こちらもプロ棋士と7番勝負の模擬対局ができたり、
レーティング対局もできます。
形勢判断のグラフを見ながらソフト相手に対局し、
指し手にいちいち
「それは悪手だ、こっちの手のほうがよかった」
と言ってもらえる「指導対局」という独特の機能があり
初心者ならば要領よく学習できるかもかもしれない
よいかもしれない機能でしょう。

「AI将棋」は2004と古いバージョンなので
詳しくは書きませんが、先後を振り駒で決めて
ソフトと指せるところが他のソフトにないよいところだと思いました。
強さは他の四強ソフト最新バージョンと互角で、
私にも分かりやすい指し筋は魅力です。

「銀星将棋4」も古いバージョンなので参考になりませんが、
悪くはありません。
盤上に定跡や最新手、最善手を示してくれるのは
独特で、いいかもしれませんが、
どうなんでしょうね? これが売れたら、
そのお金は北朝鮮の誰のもとへいくんですかね?
金正日政権の収入源になって、それで核兵器開発されたりしませんか?
北朝鮮のプログラマーさんは真面目で有能で、
その努力は評価してあげないといけないでしょうが、
商品になると話は別です。

まあ商売の邪魔してもなんですから、
どこにかねが流れていくかよ〜く考えて買ってくださいね日本の皆様、
とだけ言っておきますか。

すべての対局の棋譜はのちほど。(渡野川)


最強 東大将棋 8


将棋ワールドチャンピオン 激指5

将棋ワールドチャンピオン 激指6


AI将棋 Version 13 for Windows


世界最強銀星将棋6 双頭の龍

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コンピュータ優勝ソフトはアマトップクラスに勝てるか?【将棋】
第16回世界コンピュータ将棋選手権が5月3日から開催されます。この選手権で優勝したソフトは、5月5日にアマチュアトップクラスの強豪 加藤幸男さんと平手(ハンデ無し)のエキシビジョン対局を行います。この対局の勝者を予想してください。 ...続きを見る
Ike_rc941@eBet
2006/04/26 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
将棋ソフトの棋力3 ジョグと映画と本と将棋のお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる