ボナンザ2.1コマーシャルエディション

再び将棋ソフトレビューです。
マグノリアから2006年11月17日に
初回ロット「赤い扇風機」付で発売された
ボナンザ2.1コマーシャルエディション」。

スクリーンショットはこれね。

画像


シルバースタージャパンが発売している
銀星将棋6 双頭の龍」が
Bonanzaの思考エンジンを搭載していますが
ボナンザ単体でのソフト発売は
これがはじめてです。
第16回世界コンピュータ将棋選手権
初出場初優勝のボナンザだけに
発売も鳴り物入りで、
Biglobeストリームの「将棋ニュースプラス」
3回に渡って発売セレモニーの
アマチュア強豪棋士との対戦の様子が
配信されています。

対戦したのは、NEC将棋部精鋭の2人で
四間飛車党アマチュア最強の
清水上徹さんと、
うちの大学の将棋研究会出身者
加藤幸男さん。

いいとこなしでしたけどねボナンザ。
開発者の保木さんの顔も見られたので
よしとしよう。

ソフトの解説に移ります。

マグノリアとシルバースタージャパンは
別会社かと思っていたが
どうやら同じ会社らしい。
Bonanza」のGUIが銀星将棋そっくりです。
使いまわしすんなよマグノリア、といいたくなるほど
そのまんまです。

シンプルに、「人対コンピュータ」
「コンピュータ対コンピュータ」
「人対人」で対戦することができる。
対戦するコンピュータの設定は初級、中級、上級の3段階。
先読みON/OFF機能がついていて、
時間制限が可能。
コンピュータが投了するスコア設定もできます。

機能面では、無料配布されているBonanza2.1と
同じといっちゃあ同じです。

だったら買うことないじゃないか、とか
買った人間でも文句言う人がいるようですが
散々タダで遊ばせてもらっておいて
文句言ったらだめよ。
タダであることに甘えてはいけません。
保木さんありがとうございました、
とお礼でもするつもりで買いましょう。
マグノリアは、銀星将棋の使いまわしGUIなんだから
保木さんへの配当を多くするように。

無料バージョンは、
指手表示の記号が日本語ではなかったので
分かりにくかったが
商品版の「検討モード」は日本語で見やすい。
最大8候補手までですが、
時間の許す限りとことん読み続けてくれます。

画像


「棋譜解析」機能はありませんが
それに非常に似た、
読み筋ウインドウ」を表示することができる。
これも無料バージョンと違って見やすい。

画像


商品バージョンのよいところは、
序盤データベース」の追加編集を
自分でできるところ。
それと、棋譜保存が無料バージョンでは、
(*.csa)形式でしかできませんでしたが
製品バージョンでは柿木将棋(*.kif)形式と
(*.ki2)形式をサポートしています。

と思ったら、柿木将棋(*.kif)形式と書いていながら
森田将棋の(*.kif)形式やないの。
いったん柿木将棋Kif for Windowsで開いて保存しないと
ほかのソフトで開けないではないか!
とっとと修正パッチ配布するようにマグノリア。

まだ本格的に対戦していませんが
たぶん、ボナンザはボナンザだと思います。
弱そうで強い。
無理攻めそうで攻めが切れずに詰まされる。
これは私の負けだ、
と思っていたら意外にも逆転勝ちできる。

それがボナンザです。

普通「早石田」で
いきなり飛車切って金と交換して
勝てまへんで。
しかしボナンザはずっと攻め続けて
勝ってしまうんだな、これが。

女性の棋譜読み上げの声をうっとりと聞きながら
強烈な「ボナンザ攻め」に合う苦しみを
この正月に是非味わっておくんなまし。


Bonanza
プラットフォーム:Windows

(渡野川)

<将棋ソフトレビュー>
「激指 定跡道場」
「AI将棋 Version 14 for Windows 」
「最強 東大将棋8」
「ボナンザ2.1コマーシャルエディション」
「スーパー将棋マシン激指6」
「AI将棋 Version 13 for Windows」
「世界最強銀星将棋6 双頭の龍」
「爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100」
「東大将棋 定跡道場 完結編」
「将棋ワールドチャンピオン 激指5」

<リンクしていただいたページ>
「最強の将棋フリーソフト、ボナンザ」「詰将棋メモ」さん)
「コンピュータ将棋2006」「詰将棋メモ」さん)

にほんブログ村 PC家電ブログへ←くりっくよろしく
←こっちもよろしく

ダイレクトショップ百貨店

Bonanza 2.1 Commercial Edition

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック