陰謀論の害毒-共有ブログ「911事件について」

私のブログの911アメリカ政府陰謀説の記事に
リンク張った方がおられたので、
今回はその記事のご紹介をしてみましょう。

ブログタイトルは

【共有ブログ】マスコミ報道されない真実をみんなで探そう

副題(サブタイトル)にこうあります。

「米国や日本政府の宣伝媒体と化し、嘘や洗脳目的の操作された情報しか流さないマスコミ報道を鵜呑みに信じるのはもうやめよう! みんなで一緒に、世の中の真実を探していこう。 みんなに伝えなければ世の中が変わることはありません!」

これだけで笑ってしまうというか呆れるというか
情けなくなります。
何が情けないかといえば
「政府がメディアに情報操作を強いている」
という嘘話を吹聴しているのが、当のメディア本人で、そのメディアの言うがままを信じているからです。

メディアの思うツボ、ですね。

例えばテレビ朝日の「サンデープロジェクト」という番組がそうなのですが、
情報操作が余りにも酷いので、「情報操作をするな」という投書をしたことがあって、
(インターネットがない時代ですので投書)、
実際には具体的なことを書いたわけですが、
そこには「メディアが主体的にする情報操作の有害性」について書きました。
すると、それへの返答として、私が書いたことはすべてもみ消して、
あわてて「アメリカの情報操作」という特集を組み、
湾岸戦争のときの「ナイラ証言」をマスコミが暴いた、
という美談を放送してくれたことがあります。

アメリカのメディアの情報操作主体は、
アメリカ政府だ、という特集ですね。

もちろんこんなの嘘ですけど。
もっと大嘘なのが、
メディアを牛耳っているのはユダヤ人だ、
という話ですがそれは論外なのでここでは触れません。

政府の指示なくやっているテレビの情報操作への批判投書をもみ消してまでも、
それをやらせるのが政府や政治家の圧力であることにしたい。
それが日本の民放テレビメディアの
制作現場の意志なんですよ。
なぜそうしたいかは、まあ考えれば簡単に分かることです。

アメリカ政府の情報操作を糾弾するこの特集には
予想どおり嘘が入ってまして、
エドワード・ハーマンという大学教授のインタビューを挿入して
さも、彼が「アメリカ政府によるメディアへの圧力と情報操作要求を批判している言論人の一人」であるかのように
でっちあげていました。

賢明な方はこう書くともうピンと来ていると思いますが、
E・ハーマンノーム・チョムスキーと共同で
1988年に「マニファクチュアリング・コンセント
という論文を書いた人です。

この「原文を読めば」一目瞭然ですが、
ハーマンとチョムスキーが「プロパガンダモデル」
と命名して提出したものは、
政府の指示や圧力なしにメディア自身が自発的する情報操作であって
それに対する批判がこの本の趣旨です。

「原文を読めば」と書いたのにも理由があります。
翻訳本がすでに発売されていますが
訳者(と出版社)の持つ個人的な政治思想のスタンスに基づき、
かなりの曲解意訳がなされていて、
政府の指示なくメディア主導で情報操作はなされている
ということへの批判という本来の趣旨が
読み取りにくくなっているからです。

話を戻しますが、
メディアが政府の圧力なしに
自発的に情報を操作していることの有害性を指摘するハーマンが、
政府の圧力による情報操作を批判宣伝するメディアに
迎合するわけがないのです。

当然、テレビ朝日が放送した特集に挿入されたハーマンのインタビューも
ハーマン本人はそういうスタンスで答えているはずなんですが
全く逆の意見者として、
編集挿入されてしまっているわけです。

きくちゆみや
千早@オーストラリア
という人たちがノーム・チョムスキーの名を利用するのと同じです。
チョムスキーは「911政府陰謀論を相手にするのは時間の浪費」
と明言しているにもかかわらず、
この人たちは、
チョムスキーが自分たちの陰謀説を支持しているかのように
今でも書いてますよね?

エドワード・ハーマンという
メディア批判の第一人者の知名度というか
権威というか信用というか、
そういうものを自己正当化するために利用した。
プロパガンダの道具に利用したということなわけだ。

日本の民放テレビメディアは
常に、メディアの情報を偏向させるのは政府の圧力であり
それを徹底的に排除してメディアを自由放任することが
国民の知る権利を保障することだ、
それを大衆たちは応援せよ、
というメディアのためだけのプロパガンダを
公共の電波を使ってやり続けている。
そのまんまを受け売りしているのが
このブログの副題なわけですよ。

もちろんこんなの嘘っぱちで、
嘘から真などでてきません。
嘘から始まったところには
その上塗りのような嘘が集まってくる。

案の定、
ここでも911アメリカ政府陰謀説という大嘘が
「マスコミが伝えない真実」として
堂々とまかり通っています。

メディアの情報操作がどのような害をもたらすか
その証明みたいなものですが
例えるなら、中東での戦争に勝つために、
アメリカはオサマ・ビン・ラディンを利用したとよく言われますが、
まあそれは妥当な説でしょう。
その後この人物は世界最大の反米テロ組織を作ります。
オサマ・ビン・ラディンを育てたのはアメリカ自身じゃないか!
という言い方ができるわけですが、
メディアと911アメリカ政府陰謀論者の関係に
実によく似ていますね。

自分の利権擁護のために大衆を利用しようとしてプロパガンダをやりつづけた結果、
メディアが意図した以上のところまで
マインドコントロールが進んでしまって
ついにメディアすら扱いに困る大嘘のプロパガンダに感化される
大衆が生じてきてしまったわけです。

そうは言ってもですよ、
阿○羅掲示板とか、2ちゃんねるは
非常にタチの悪い陰謀論者の集まりなんで
あほ扱いして嘲笑してやるだけで十分なんですが
この共有ブログでは痛々しいまでに
そのタチの悪い陰謀論者たちの言うことを真面目に信じてしまっているので
あほ扱いして終わらせるのはどうにも忍びない。

だからリンクのお礼として、
少々丁寧に回答してあげないとと思い
この記事を書き始めたわけです。

リンクしてくださったエントリーはこれ。

911事件について
http://shinjitsu1.seesaa.net/article/56476466.html
文責は、ヤマトさんという方。

私の文章を引用しつつ

こうしてみると、911についていろいろな考えがあることがわかります。
どうもアメリカの真実追求者は、私には頭が固いように見えてしょうがありません。
頭を柔らかくするにはいろんな意見を知っていたほうがよいですね


と書いています。
アメリカには私ような911陰謀説を批判する人間が少ない、
というのが「アメリカの真実追求者は頭が固いように見える」
と言った意味なんでしょうが、事実は全く逆で
英語圏には日本語のサイトよりはるかに多くの
911アメリカ政府陰謀説批判があるのです。
というのは正確ではなく、批判という論争のレベルではなく、
完全に陰謀論者の言うことが嘘でしかないということを
具体的に立証しているサイトがたくさんある、という状態。
日本では陰謀論が圧倒的に優勢ですが、
アメリカではむしろ劣勢です。

アメリカより日本人のほうが頭が固いんですよ。
特に日本の若い世代の頭の固さは凄まじい。
それが「事実」ですが
陰謀論者の嘘のプロパガンダしか読んでないから
アメリカには陰謀論者しかいないように
思い込まされているにすぎません。

親切にヤマトさんが教えてくださろうとしたことですが、
ユナイテッド93便は携帯がかけられなかった」という話と
新世界秩序」について。

「携帯の電波が届かないはずだから携帯での証言はすべて政府のでっちあげ」
という話は、陰謀論者が広めた典型的なウソです。

事実を知りたければ、
日本のNTTドコモにでも問い合わせて、
2001年のころ携帯電話の電波は、高度何フィートまで届いていましたか?
飛行機の機内から携帯電話をかけることは可能でしたか?
と訊いてみればいいでしょう。
実際に「自分で確かめる」のがよい。

まず同じ答えが返ってくるでしょうから、
ここの文章読んで納得してもらってもいいですけど。

「翻訳前のアメリカ。」
第六十六回配信 9-11陰謀論 その1

http://www.1101.com/suzukichi/2006-09-11.html

「新世界秩序」という語は余りにも漠然と一般的すぎて
誰の何を言った言葉なのかははっきりしません。
チョムスキーの翻訳でもよく出てくる語ですが
ただの翻訳者の用語使用にすぎません。

ヤマトさんがいう「新世界秩序」というのは、
単に「アレ」なだけにすぎない人
アレックス・ジョーンズなんかが言っている
世界をひとつの国家にしてしまおうとしている闇の勢力がいるとかなんとかいう
「アレ」な話のことでしょうか?
ロックフェラー=ユダヤ資本が世界を支配するとかなんとかいう話もありますが。

こういう風にしてユダヤ人を悪の権化みたいに言って
戦争を起こした人が
過去の歴史上に存在しまして、
名前を「アドルフ・ヒトラー」といいますが、
ヒトラーこそがヨーロッパを武力でひとつにしようとする
ドイツ第3帝国を作ろうとして失敗した人なんですよ。

ヒトラーも「陰謀論者」で、
ユダヤ人差別主義者。

それをドイツ国民の半分の人たちが支持しました。
支持したのは「若い世代」。
今の日本と同じです。

合法的に選挙でドイツ議会第1党になって
議会から首相に指名され、
国民投票で大統領から権限を合法的に奪取して
「総統」となって独裁政治を始めた。

戦争は一部の人間の「陰謀」で起こるものではなく
陰謀論に感化された大衆が起こすもの、
というのが事実であって、
911アメリカ政府陰謀説のような
「一部の人間が構想した巨大陰謀によって起こされた」という事例を
私は歴史上でまだ見つけることができていません。
これからも見つからないでしょうけどね。
ただの妄想ですから。

この手の大嘘の多くは、
FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)が悪の権化で
世界を統一しようとする組織だから解体しなければならないなどと、
意味不明なこと言っている
アレックス・ジョーンズがメディアを使って広めているものです。
なんでFRBなの?というのは、
金融資本の闇の支配者がロックフェラー(ユダヤ人)だから
ということなんでしょうが、
金融のことがちゃんと分かっている人なら
アメリカ中央銀行とロックフェラーがなぜイーコールになるのか
全く理解不能で呆れています。

アレックス・ジョーンズの番組やサイトからは
実に多くのデマ情報が垂れ流されていて、
世界中に大迷惑をばら撒き続けていますので
そういったメディアの情報操作に踊らされて
「報道加害者」の一人にならないように
注意しなければならないと思います。

この記事へのコメント

通りすがり
2007年09月24日 23:13
誰も相手してくれなくて、寂しいですね(涙
2007年09月25日 01:28
いえいえ。あなたのような通りすがりに屁をたれる人はいっぱい来ますよ。臭いだけで何の価値もないコメントは屁と一緒で、スカンクコメントと呼んでます。屁を垂れるだけの人は思考能力ゼロですから相手してあげても二度とコメントは返してきません。屁を垂れるのが精一杯ですから。そういうのが陰謀論者なんですよ。
いつもは面倒くさいんで削除してますが、哀れなんであなたは相手にしてあげました。
ニック
2008年01月26日 00:13
もちろん、主要なマスメディアは全て巨大金融資本の力で暴力的にコントロールされています。このブログの管理人が真面目に主張しているとすれば、ただの鈍感者なのでしょうが、恐らく、事実を本当はよくご存知の上で、それを隠蔽する任務を受けておられるのでしょう。ご苦労様です。
2008年01月26日 00:46
>ニックさん
典型的な「陰謀論者」の思考パターンをお持ちですね。ほとんど病気に等しい二分法図式思考です。自分の意見に反する主張をする者をすべて陰謀を企てる側の一味と見做す。ダム反対鹿沼市民協議会の事務局の人間が、稚拙な嘘話の吹聴をたしなめるメールを送った人物をCIAとか公安のスパイと誹謗中傷したのも同じ思考パターンです。
そういう思考は、カルト教団のマインドコントロールでもよく表れる特徴でして、すでに知能は正常ではありません。
2008年01月26日 00:47
民放テレビメディアの番組制作は、極めて自由で、編成が作ってスポンサーを説得した「大枠」以外の個別プログラム制作は現場の自由裁量に任されていて、制作サイドの利権の道具になってます。現場の利権を擁護したいために、制作現場の連中は、部外者の干渉を排除させようと、電波を使ってプロパガンダするわけです。スポンサーや政治家の干渉があるからメディアは偏向するのだという嘘話を使ってね。国家は悪でメディアが善だとする二分法図式も、制作サイドの利権擁護のための図式にすぎません。それにまんまとマインドコントロールされたのがあなたのような陰謀論者です。私はそのような思考パターンの人間がすこぶる嫌いなので、陰謀論を批判するわけです。反吐がでるほど嫌いなんですよ、その知的怠慢以外のなにものでもないオツムの悪さが。
陰謀反論者
2008年03月18日 22:10
自分自身も陰謀論については信じていません。
ただ陰謀以外には考えられない部分もありますがほとんどの陰謀説は民衆が作り上げた妄想でしょうね。
特にリチャードコシミズ(日本人の99.9999は知らない日本人です。)という人物は非常に悪質で、陰謀論で金儲けをしようとしています。金儲けのために平気で嘘をつくとんでもない男ですよ。
アポロは月面に行っていないという陰謀説まで広めています。
こういう男のせいで世の中にデマが広がるんですよね~・・・
2008年03月19日 01:06
>陰謀反論者さん
こんにちは。911陰謀論者(=自称「真相究明」「反戦平和」主義者)の嘘に感化されておられないのは幸いなことです。リチャードコシミズとかアレックス・ジョーンズというのは陰謀論者がなんとかのひとつ覚えのように持ち出す人たちなんで陰謀論を少しでも知る人なら既知の名だと思います。
「陰謀以外には考えられない部分」とは具体的にどのようなことなのでしょうか。
それと、1点注意するべきことですが、陰謀論者や悪質な中庸主義者たちはよく911に関する話を「信じるか信じないか」に還元しようとします。陰謀論者たちは頭が悪いからでしょうが、自分が言うことに反対する者をすべて「アメリカ政府の公式発表を信じている」ということにしたがります。事実は、とうていアメリカ政府の圧力や影響など及ばないところにある事実や情報によって、911アメリカ政府陰謀論は反証されてしまっているのです。たとえばごく簡単な「りか」の知識とか、「こくご」の知識や常識によってすら、うそっぱちであること判る。こんなの「信じる信じない」などという問題外ですよ。
2008年03月19日 01:07
月面着陸はなかっただろう論と、911陰謀論は全く同じ思考パターンからでてきたものだということがすぐわかりますよね。こんなもの何度繰り返して出してくれば気がすむのか。よほど世の中なめてるのでしょうこの人たちは。
2008年03月19日 19:50
陰謀反論者さん=ザイラスさん

なりすまし、ご苦労さまでした。
そういう薄汚いスパム行為を平然とやるのが「陰謀論者」なんですよ。

コメントの最後にまた性懲りもなく自分の掲示板へ誘導するためのURLを書いておられたので、そこは編集させてもらいましたのでご了承ください。

陰謀反論者さんのコメント

陰謀とまでは言い過ぎましたが、なんというか911の件で一つだけおかしいと思う事があるんです。国防省に飛行機が激突して空いた穴の事です。何故か飛行機より小さいんですよ・・・爆弾などで空いたものである可能性も視野に入れる必要がありますよね・・陰謀とは言い過ぎました。すいません。さらに自分はコシミズの掲示板を一度見た事がありますが・・・酷いですよ。
URL=削除
2008年03月19日 19:53
>陰謀反論者さん
ペンタゴンにあいた穴とは、AEドライブ(ペンタゴンの内部通路)の壁にあいた穴のことでしょうか?これはアメリカン航空77便が激突した壁の94M奥にある壁で、そこが機体の最先端部分ですから当然穴は機体より小さいですね。
陰謀論者が言うたわごとは主に激突して崩壊した建物の幅が機体の両翼より狭いというのをいろんな騙し手法を使って主張しています。
残念ながらペンタゴンでは証言者がたくさんいてすべてアメリカン航空77便が突撃するのを見ています。証言には主に2種類あって、肉眼で目撃した人の証言と、見ていないが耳で聞いていた人の証言。「見た」人はすべてアメリカン航空機を見ています。それ以外のものが激突するのを見た人はいません。
2008年03月19日 19:54
音だけ聞いた人は、ミサイルかなんかが突っ込んだと思うのは自然なことでしょうからそう証言しても不思議ではない。目撃証言者が「納得できない」というようなことを言っていますが、その「意味」は、「旅客機があのように低空でスピードを落とさずに建物へ向かって飛行することの異常性」と、「堅牢なはずのペンタゴンの建物にずぼんと吸い込まれてしまうように入ってしまった、その弱さについての意外性」に関してであって、アメリカン航空機ではなくミサイルだったのではないか、というような疑問を持つ者はひとりもいません。すべて「アメリカン航空77便・ボーイング757・旅客機」を自明の前提とした証言です。それが理解できない「きくちゆみ」「藤田幸久」などは、「こくご」の勉強を小学校からやりなおさないといけないでしょうね。そんなのが反戦平和運動やったり国会議員をやるのは甚だ迷惑としか言いようがありません。
陰謀反論者
2008年03月19日 22:08
え・・・・酷い
残念ですがザイラスという方とはなんにも関係有りません。自分は元々あの掲示板からめぐって来たので・・・・最初はリチャードコシミズの論を聞いていましたが、否定するだけでスパイだの散々言われましたよ・・・
それっきりリチャードの話を信じなくなっただけです(明らかなおかしい理論もあったのも理由の一つ)。一切ザイラスとは関係有りません。
2008年03月20日 09:27
>陰謀反論者さん
それは大変失礼しました。ザイラスという名でお書きになったURLの掲示板と同じ作者によるサイトを宣伝するスパムコメント投稿するのがいまして、そんなものの宣伝に利用されたくないのでそこは修正するようにしています。リンクの数が多ければ検索結果の上位表示されるようになりますからそれに協力させられたくないわけです。
「穴が小さすぎるからミサイルの可能性を考えるべきだ」というのは目撃者がすべて「アメリカン航空機を見た」と証言していることを反証してもらわない限り、却下させていただきますね。どれほど陰謀論者に穴が小さくみえようがアメリカン航空77便が突入するのをみて証言した人のほうが信用できますから。
「穴」の写真は、激突した側の壁のものではなく、飛行機が建物を貫通した先のものですので、その穴のなかを飛行機が通ったというのが「政府の公式見解だ」などと間違っても考えないようにしてくださいね。
マスクメロン
2008年04月04日 23:36
管理者さんはなぜ陰謀論を否定するのでしょうか。陰謀論者が頭が悪いなら人畜無害なので
ほっとけばいいのでは?
2008年04月06日 02:58
「頭が悪いなら人畜無害」とはどういう論法なんでしょうか?人類の長い歴史で「自分があほうだということに気づかない」人間が有害だった事実は、はいて捨てるほど見つかると思うんですけど?
911陰謀論を批判する理由はすでに山ほど書いてますんで、「なぜ陰謀論を否定するのでしょうか。」などというなめた質問に答えるのもかったるいのですが、分からないなら再度書きましょうか? 911陰謀論者の広めている嘘っぱちが著しく有害だからです。分かりました?何度も同じこと書かせないようにね。
海女五級
2008年04月07日 09:58
将棋のリンクを辿っていた筈が911の話にアウトは
いつも思うのですが正しい認識を広めるためには
陰謀と言う言葉を使ってはいけないと思います
どういうものが陰謀でどういうものなら陰謀ではないと言うのは極論明確にはできないからです

つまり明確な事実関係のみを並べ詰めしていくのがわかりやすい手筋だと思います
王は包むように寄せるの格言に習いましょう
2008年04月07日 13:56
>海女五級さん
はじめまして。911アメリカ政府陰謀論の話は聞きたくないというのは自然なことなんでこんなもの目に入れさせて申し訳ありません。陰謀論に感化されてない方はスルーしてもらっていいのですよ。無理して関心をもたなくてもいい。
基本的なお話ありがとうございます。
惜しむらくは「誰が」そのことに注意すべきか言う対象をはっきりしていただければありがたかったですね。
この記事を書いた私に向かって言うのならおかど違いなんで。
2008年04月07日 13:57
例えば、911陰謀論者(具体的には、きくちゆみ、ベンジャミン・フルフォード、リチャードコシミズ、民主党参議院議員藤田幸久など)が911で飛行機が激突しなかったWTC7というビルが崩壊したのは、爆弾による爆破解体であって、それをしたのはアメリカ政府だ、それが真実だ、とほざいていますが、この人たちはWTC7に火災が起こっていたという「事実」を無視していますし、火災が起こるビルに爆薬を仕掛けて綺麗に崩壊させるということが不可能である、という「事実」を無視しています。ペンタゴンにぶつかったのはアメリカン航空77便ではなくミサイルで、建物が崩れたのは爆弾によるとほざいていますが、アメリカン航空機がペンタゴンに突入したのを見た目撃者しか存在しないという「事実」を無視しています。
2008年04月07日 13:57
同時多発テロをアメリカ政府の自作自演にしたがる人たちは必ず「事実」を無視するか、曲解して、このような話をでっちあげます。そのような人たちを「陰謀論者」と呼んで、非難しているわけです。陰謀論者を自称する陰謀論者はもとからいません。「陰謀論者」という語には最初から「事実を無視したり捻じ曲げてでっちあげをやる人」という意味が含まれているんですよ。
事実、陰謀論者たちは、このような必要最小限の調査で、素人でも分かるような事実を調べようとしたことがありません。
そういうわけなんで、陰謀論者という語を使わないとどうしようもないんですよ。事実を無視してでっちあげたものを真実だという人たちに対しては。
海女五級
2008年04月07日 18:19
>惜しむらくは「誰が」そのことに注意すべきか言う対象をはっきりしていただければありがたかったですね。
これは
>いつも思うのですが正しい認識を広めるためには
の部分にかかっています
正しい認識を広めたい人です

それと騙そうとしている人に正論を説くのは無理攻めではないでしょうか
騙される側の人にいかにわかりやすく伝えるかが大事だと思うので

陰謀と言う言葉を使わず明確な事実関係のみを並べ詰めしていくのがわかりやすい

と考えています
2008年04月07日 19:28
再度書きますが、それは「911はアメリカ政府が仕組んだ自作自演だ、これが真実だ」といっている人たちにいってもらえませんか? 私はそんな類の運動だの啓蒙活動などしていませんが、この人たちは実際に運動していますよ。「これが真実だ」と言っているのだから騙すつもりはないんじゃないでしょうか? 陰謀という言葉を使わず事実関係だけを書けといいたいんでしょうが、それだけ興味があるならご自分でお調べになればいいのではないでしょうか。一から十まで教えてくれという教えて君では困ります。全く無学習の人相手に全部説明するような暇も時間もありません。そもそも私の主張はチョムスキーと同じで「陰謀論を相手にするのは時間の浪費」ですから、その浪費をこれ以上強いられたくもありません。というわけなんで、興味がなかったら読み流すのが適当かと存じます。ある程度学習なさって私が言っていることが間違っていると思うときは「事実」関係を簡潔に指摘していただければ説明なり反論なりしますが、一から十までお教えすることはご勘弁くださいね。
2008年04月07日 19:40
これだけでは不親切なんで、
陰謀論に関するあらゆる論点に、具体的な「事実」を挙げて反論しているサイトを紹介しておきましょうか。
http://www.nbbk.sakura.ne.jp/911/index2.html
これだけの分量あるんですよ、陰謀論者のいうデマ話は。それに付合うのは時間の浪費もはなはだしいので、正直いっておすすめしかねますがね。
おおくぼ
2008年05月08日 00:23
はじめまして。

私も自分のブログに「911 陰謀論」についての感想を書いているのですが、コメントは少ないです。
ゲストのコメントと渡野川@管理人さんの返事の応酬は読んでて楽しいです(皮肉ではありません)。

「陰謀」論について、よく疑問に思うのは、「どうして<単一で一貫した陰謀>をみんな想像するのか?」ということです。
例えば、政治家は陰謀(戦略、本音と建前)を持っている人が多いと思いますが、政治家の数だけ陰謀があると思います。政治家同士で共通する部分もありますが、スレる部分もあります。だから政治家は臨機応変に変わります。

それに対して陰謀論者は、出来上がったミステリー小説のように、解釈します。現実は複数の陰謀が入り乱れ、臨機応変に変更したり、失敗したり、予定と違う形で実現したりするものです。
おおくぼ
2008年05月08日 00:24
文字制限のため二分割にしました。

あと陰謀論者は、疑うのが好きなのに調べるが嫌いな人が多いと思います。
世界貿易センタービルを爆破するとどうなるか?とか。爆破説が無理なのは、爆弾で高層ビルを綺麗に破壊するにはどうすればいいのか?ということを調べれば簡単にわかります。どれだけの爆弾が必要で、どこに仕掛けなければいけないか、そして何人必要で、どのくらい時間がいるのか、そして見つからずに仕掛けることができるのか?
『ルパン三世』でも不可能でしょう。
2008年05月08日 01:40
>おおくぼさん
こんにちは。極めて鋭いご指摘ありがとうございます。陰謀論者は911アメリカ政府陰謀論の出鱈目さ加減を批判されると、判で捺したように(なんとかのひとつおぼえ?)で、歴史上起こった陰謀を引き合いにだして正当化しようとします。しかしながら、帝国陸軍が日中戦争開始前にした謀略(満州事変)は、石原莞爾や板垣征四郎らが首謀者でしたが石原氏は後に左遷の憂き目に会い、謀略をやり続ける現役たちを嗜めると「あなたを見習っているだけだ」と皮肉で返されたという話さえあったりする。謀略は続いているが意味も内容も主体も変わってしまっているわけです。それが歴史上現実に起こりえた謀略というものなんですよね。「陰謀論者」たちの唱える陰謀はこれとは全く異質なものです。
2008年05月08日 01:41
まあ、あの人たちは事実の「部分」を自分たちに都合のいいように適当に解釈して利用し自己の妄想を正当化する人たちですから「事実」とか「現実」など結局のところどうでもいいんでしょう。
親鸞の言質を得て勝手に自家解釈して浄土真宗の門徒(ひいては宗派全体)を愚弄するのも平気だったりするし、面当てに別派の住職の頁をリンクしているが「住職」を「和尚」などと間違って表記しても平気の平左、ですからね。(ヤップ島にいる日本人陰謀論者の裁判員制度反対文のコメント欄参照)ここまでくると読んでいる側が恥ずかしくなります。

まったくもっておっしゃるとおりです。

というわけでおおくぼさんのブログも拝見してみたいので、こっそりでも、おおぴらでもいいので、URLをお教えください。
おおくぼ
2008年05月08日 17:13
早い返事ありがとうございます。

アドレスを入れる欄がありませんでしたので書かなかったのですが、こちらです。
http://blogs.dion.ne.jp/tacthit/

「911」に関しては、<「911テロ事件:トンデモ陰謀論を斬る!>というカテゴリーに纏めてあります。ヤフーの検索で「911 陰謀論」や「911 トンデモ」では上位に来ます(グーグルは不明)。

でも基本は「映画、TVドラマ、漫画の感想ブログ」です。ほぼ毎日、更新しています。
2008年05月08日 21:39
>おおくぼさん
URL了解しました。というより、勝手に検索してすでに見つけていましてかなり読み込んでます。ほうぼうでコメントもなさっている風にお見受けしますし、911陰謀論へのスタンスについても了解です。私はこういうのが「反吐がでるほど嫌い」ですから見方に少し違いがでそうですね。小学生の頃書いた落書きがでてきたことがあって、そこには仮面ライダーが描いてあったのですが、赤いバッタの目の下に着ぐるみのなかの人が覗けるようになっていたのを知っていた私は、そこに中の人の目だまを描いていました。怪獣の着ぐるみでもなかの人がどこから外を覗いているのか常に探していましたね。それが一番楽しくて仮面ライダーやウルトラマンシリーズを観ていた気がします。私はそのころから嘘話には騙されにくかったです。
経済学が専門でいらっしゃるようなんで門外漢ですけどそちらから陰謀論者を論じてみましょうか。陰謀論が日本経済に最もマイナスな人たちが持つイデオロギーで、年間3万人以上自国民を死なせながら戦争での犠牲者数千人を憂いている人たちですからね。

ブログはトップページのリンクにも登録させていただきますね。
おおくぼ
2008年05月09日 21:01
私は子供の頃は嘘をたくさん信じてました(笑)。いわゆるトンデモ系を素直に信じていて、大人になって調べたら、嘘はかりだったのでガッカリしました。
      ★

経済学者はそうではないのですが、一攫千金を目論む人は「陰謀論」が好きです。ユダヤ陰謀論も、そのうちの1つでしょう。一攫千金を目論む人は、騙されやすい気がします。
       ★
私は統計が好きなので、自殺の問題も統計から考えます。
最近は若い人の自殺が目立ちますが、統計では若い人の自殺の割合は少ないです。また戦後の日本は世界的にも殺人の少ない国です。

      ★

私はネット上の議論が好きなので、あちこちで議論しています。特にここ数年は「地球温暖化の空騒ぎ」について書き込みをたくさんしました。自分のブログにも「地球温暖化」カテを作っていますので、興味あれば参考にして下さい。
2008年05月10日 09:13
>おおくぼさん
統計から一般法則を導き出すのは難しいですよね。例えば自殺の問題も現実にはその人物の経済状況からみてきわめて自殺の可能性が高くても病死の可能性が否定しきれないときは死亡診断書には「急性心不全」と記されます。急性心不全は「原因不明の死」「原因をあえて明らかにしなかった死」という意味です。警察は事件の可能性がゼロなら司法解剖しないし、保険の関係があるから医学的に結論を出せる状況でもだしません。保険は民事の管轄ですから警察が勝手にそんなことしたら遺族から恨まれます。そういう場合は自殺者統計の数字からは除外されます。バブル崩壊以降の自殺者数は実際の自殺者数よりかなり少ないのが現実です。このような現実的なバイアスを考慮しないと間違った結論がでます。「今必要な統計数値はいま存在していない数値だ」といったのはケインズだったかもしれません。私は数字は苦手です。演繹力は優れてると思うけど。統計分析に優れた人とペア組めたらいい論証ができるかもしれない。あと、翻訳力のある人とトリオでやれれば百人力かな。この3つの才能はひとりで持つことが不可能なものです。
おおくぼ
2008年05月10日 21:36
統計を絶対視してはいけないと思いますが、便利な道具です。判断に迷った時に、占いよりは信頼できます。誤差はあっても便利です。例えば中国の人口の誤差は1億人以上だったり、100年前の世界の人口の精確な数は判りません。でも近似的に精確だったら有用です。
たまに反政府的な人に「警察の発表する統計は信じられない」ということを言われるので、「じゃあ、どの統計なら信じられるの?」と質問します。
アンケートなどが誘導尋問の構造で作られている場合が多いのは事実ですし、自分の仮説に都合のいい場所だけを選んで調べるということも多々あります。でもそれに対しては反証的に開かれているというのが科学の条件です。
私は911陰謀論も、とりあえず信じて、反証に耐えるかどうかで判断しています。最初からトンデモと決めつけて、否定はしません。

統計学を使った「反社会学講座」というのがあって面白いです。参考までに

http://mazzan.at.infoseek.co.jp/
2008年05月11日 20:35
>おおくぼさん
陰謀論者の意識は、世界は一部の選ばれた人間の意志で動かしうる、という前提のうえにできてますので、それはすなわち「自分にもできる」と確信していることを示すと思います。
おおくぼさんのいう「一攫千金を目論む」というのに通じていると思うのですけど、それに挫折した人が陰謀論者になるようですね。
自己実現の欲求が強いというか上昇志向が強いというか。しかしそれに失敗しても、自分は選ばれるに相応しい優れた人間なんだという自負心が捨てられない時、陰謀論が役に立つ。
「私が選ばれなかったのは誰かが邪魔していたからだ」ということにすれば何も反省しないですむわけだから。
陰謀論を唱える人の経歴みれば共通してますね。あちこち渡り歩いてる人ばかりです。新聞記者から広告の仕事に移ってそれもやめてイギリスで大学かなんかにいきながらよくわからない商売やり始めてる人とか。
なんかよくわからないけどスペインにいる人とか。フォーブスから日経、国籍までカナダかと思えば日本に帰化してるとか。
共通するのは外国語ができることを優位性の証明みたいに示すけれども「こくご」理解力は歴然と平均以下。
2008年05月11日 20:37
例えば、テレビのアナウンサーになりたくてテレビ局でアルバイトを始めた二人の女子学生がいて、片方が採用されてもう片方が不採用になったとして、なぜそうなったかというのは実にいい加減な理由だったりするのですよ。採用されたほうがその当時人気を博していたAV女優に顔がそっくりだったから、とか。採用担当のおっさんの女の好みに合ってたとか、親が永○輔だったとかね。
その理不尽さえ認められないんじゃないですかね、陰謀論者になる人は。私には陰謀論に騙されているというよりそれに縋っているように思えます。

この記事へのトラックバック