「100万人のための金沢将棋 レベル100」

将棋ソフトのレビューです。

爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100 (新パッケージ版)

ソフトの画面はこれ。

画像


コンピュータ対人間、人間対人間の対局ができる
非常にシンプルな将棋ソフト。
対コンピュータの対局では、
平手から八枚落ちまでの手合いで
「入門者向け」「初級者向け」「中級者向け」「上級者向け」「有段者向け」
と5段階100レベルで対戦可能です。

10秒将棋から60分切れ負け将棋まで
時間制限もすることができる。

時間無制限にするとコンピュータの思考時間は
かなり長いです。
私は早見えしにくいほうなので、
これぐらいの時間のほうが指しやすいです。
音楽がずっと鳴っていたり、
うぐいすやししおどしのBGMがあるので
それをぼんやり聴いているのもいい。

レベル100は有段者向けでアマチュア四段程度とされていますが
「激指5」「AI将棋ver13」「東大将棋8」よりは少し劣る感じはします。
しかし有段者レベルの実力はあると思います。
安いソフトだからと舐めていてはいけません。
強さはなかなかのものです。
私は2回連続で負けてようやく1勝でした。
その後もしばしば負けています。

私が先後2回ずつ対戦して勝った棋譜を
参考までにリンクしておきますので、
100万人のための金沢将棋」の
実力のほどを見てやってください。

対「100万人のための金沢将棋レベル100」戦4局

惜しむらくは戦法の幅がかなり狭いというところでしょう。
私が先手で四間飛車にするとまず間違いなく
端歩を受けて居飛車急戦を指してきます。
少し手順をかえてみると
左美濃に組むことがありますが
攻めは必ずといってよいほど6四右銀型にしてきます。
すなわち居飛車穴熊にはしてこないということです。
私が後手番のときは角筋を止めて飛車を振ってくる。
こちらが居飛車穴熊にしようとすると
藤井システムで攻めてくるようなところもあるようです。

1万円近くする将棋ソフトと違い、
「棋譜解析」や「検討モード」はついていません。
詰み筋確認機能もありません。
かろうじて「ヒント」機能がついていたり
グラフで形勢の推移を見せてくれたりということはあります。

しかしこの値段なら十分といってよい強さで、
ときどき気分転換に将棋を指す相手として
十分な相手だと思います。
うぐいすの鳴き声を聞きながら
ゆったりと将棋を楽しむことができる。
買って損はないでしょう。

(渡野川)


爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100 (新パッケージ版)
プラットフォーム:Windows

<将棋ソフトレビュー>
「激指 定跡道場」
「AI将棋 Version 14 for Windows 」
「最強 東大将棋8」
「ボナンザ2.1コマーシャルエディション」
「スーパー将棋マシン激指6」
「AI将棋 Version 13 for Windows」
「世界最強銀星将棋6 双頭の龍」
「爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100」
「東大将棋 定跡道場 完結編」
「将棋ワールドチャンピオン 激指5」


爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100 (新パッケージ版)

"「100万人のための金沢将棋 レベル100」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント