AI将棋 Version 13 for Windows

また将棋ソフトレビューです。私が最も気に入っているのがAI将棋シリーズでして、その最新版がこれ。

AI将棋 Version 13 for Windows

ゲームのスクリーンショットはこれ。

画像



コンピュータ将棋プログラムの4強のうちのひとつ
YSS」の製品版です。
世界コンピュータ将棋選手権で、常に上位成績を収める4強ソフトは
毎年優勝が入れ替わるほど実力拮抗しており
どれが一番強いとは一概にはいえません。
YSSも2006年第16回選手権で、
優勝最有力候補と目されていました。
結果は初出場のBonanza(ボナンザ)に優勝をさらわれてしまったが
YSSはそのボナンザに快勝し、
2位になって来年のシード権を防衛しています。

私の印象では、
「YSSは終盤の受けが強いがBonanzaはもろい」
という感じでしょうか。
YSSの魅力は、納得できる手が多いというところ。
製品版AI将棋のよいところは、
先後を振り駒で決めて指せる、
というところです。

画像


まずソフトを起動するとこのような画面が現れます。

画像


とてもシンプルな対局機能のみのソフトで、
フリー対局と「AI奨励会」という二つのモードで
コンピュータと対戦することができる。
棋譜を読み込んで解析したり局面検討したり
途中から指すことも可能。

フリー対局では
「人間対コンピュータ」、「人間対人間」、「コンピュータ同士」
の対局ができる。
人間対コンピュータの場合、
思考エンジンのYSS1997~2005まで
すべてのバージョンと対戦できる。
棋力は「AI接待員」「AI棋士10級」~「1級」
「AI棋士初段」「AI棋士二段」「AI棋士三段」
「AI棋士四段」「AI長考棋士」
の16段階で選択できる。
対戦するコンピュータの棋風は指定なし・居飛車・振飛車から選べ、
先後を先手・後手・振り駒で決めるから選べます。

先読み機能ON/OFF選択も可で、
詰めろ、局面の詰みの有無、王手などを
通知してくれる機能を使うこともできる。

パソコンのスペックによって
操作性優先」「バランス」「強さ優先
を選ぶことができ、
最新のコア2CPUを使用して「強さ優先」を選べば
最高の実力を引き出すことができる。
残念ながら私のPCスペックだと「強さ優先」では
動作がおかしくなるので、「バランス」を選んで指しています。

AI棋士四段の棋力のほどは、
例のごとく対戦棋譜を鑑賞して量ってみてください。

対「AI将棋ver13四段レベル戦」第3局

内容ですが、振り駒の結果私が後手番になった
振飛車居飛車対抗形の将棋で
AI棋士四段は居飛車銀冠の米長玉。
後手の私の四間飛車が、
まさに四間飛車の手筋で優勢を築き
自玉ほとんど無傷の状態で終局したというものですが、
途中、ほとんど受けなしの詰めろがかかるというのに
それを見逃していたりしたので
手数は158手と長くなりました。
今回も意図せず「操作性優先」の設定で指したので
AI将棋も四段の実力は発揮できていないように思います。
CPUがCore2DuoE6600ぐらいだったら
もっと強いはずです。

AI奨励会」という機能は、
プロ棋士養成機関奨励会に似せたシステムで
昇級昇段ができるゲームモードで、
昇級すると賞状をもらえたりする。

画像


奨励会の低級AI棋士さんは、人間では絶対にありえないような
どうにも理解しがたい手を指します。
序盤が出鱈目なので、練習相手として不満ですが
2級ぐらいになると急に強くなる。
この不自然さがなければ、
大変よい機能だと思います。

最新の将棋ソフトに欠かせない、
棋譜解析」と「検討モード」(AI将棋の場合「AI検討」)もあります。
今回の棋譜解析結果はこれ。

画像


判定は「好手」「悪手」「疑問手」「大ポカ」の4種類のようです。
ただし「好手」判定は大変甘く、
誰でも指せる当然の一着を好手と判定することが大変多く、
判定基準がどうなっているのか疑問ではあります。
一長一短ですが、この判定の甘さを修正してもらえれば
使える機能だと思います。

「検討モード」の「AI検討」は
長手数まで読んでくれるのはいいが、
読み終わった順に上位表示するので、
とんでもない手が最善手になったままになることが多く、
使いにくい。

画像


ただし、読みは丁寧で、
1秒間に何局面読んでいるかも表示してくれるところが
他のソフトにない点です。
これによって私のPCは10分の1の10万手しか読まない
ということが明らかになった。
最新PCのスペックならば1秒間に100万手は読むらしい。

それ以外の機能では、
対局している将棋と同じ条件の局面をいくつも表示して
複数の手順を検討できる「シミュレーション機能」とか
マッチングシステム」というこのソフトを使って
ネットで人と対戦することができる機能もあります。

機能面では申し分のない
シンプルな対局用将棋ソフトの最高峰です。


AI将棋 Version 13 for Windows
プラットフォーム:Windows

(渡野川)

<将棋ソフトレビュー>
「激指 定跡道場」
「AI将棋 Version 14 for Windows 」
「最強 東大将棋8」
「ボナンザ2.1コマーシャルエディション」
「スーパー将棋マシン激指6」
「AI将棋 Version 13 for Windows」
「世界最強銀星将棋6 双頭の龍」
「爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100」
「東大将棋 定跡道場 完結編」
「将棋ワールドチャンピオン 激指5」


にほんブログ村 PC家電ブログへ



ダイレクトショップ百貨店
AI将棋 Version 13 for Windows

"AI将棋 Version 13 for Windows" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント