最強 東大将棋8

将棋ソフトレビューです。
ずっと書こう書こうと思いながら
延び延びになってここまできてしまった「東大将棋8
Windows版東大将棋の最新バージョンです。

スクリーンショットはこれ。

画像


私の愛用ソフトです。
検討モード」と「棋譜解析」を使うのは
「東大将棋8」のものが最も多い。

2005年8月に発売されたものです。
なぜ今年新バージョンが発売されなかったかといえば、
おそらく根本的に作り直しているためでしょう。
第16回世界コンピュータ将棋選手権に
東大将棋の思考エンジンであるIS将棋
出場しませんでした。
新たに一から作り直したプログラムで参加の予定だったが
バグが取れず、今回は見送ったということらしい。
来年の選手権で勝ち抜いて
優秀な成績をおさめて
それから新バージョン発売になるように思います。

2005年のバージョンながら
他のソフトの最新バージョンと比して見劣りするどころか、
今でも最も優秀なソフトだと思います。

実際に「銀星将棋6」の
将棋ソフト自動対局ツール(銀星ツール)を使って
(まあ、YSSの山下さんが配布してくれている
木偶の坊」でもいいのですが)
最新版「激指6」や「ボナンザ2.1コマーシャルエディション」と
1手30秒先読みOFFという条件のもと
10回対戦させてみたところ

対「激指6」7勝3敗
対「ボナンザ」9勝1敗


という結果になりました。
これを見る限り、最も強い将棋ソフトは「東大将棋8」
ということになりますね。

1年半前に発売されたものだから
定跡データベースが少し古いかもしれませんが
思考エンジンは十分いまでも通用する。

まずソフトを起動するとこのようなメニューが現れます。

画像


通常対局」は人間対コンピュータ、人間対人間
コンピュータ対コンピュータの、フリー対局モードです。
対戦するコンピュータの棋力を
10級、8級、6級、4級、2級、初段、2段、3段、4段、長考派の
10段階に設定して対戦することがきる。
タイプ(棋風)も標準、強引、慎重から選べ
戦形指定もできて、全戦形、居飛車、振飛車から選んで指すことがきます。
手合いも平手から10枚落ちまで10段階に設定可能。
定跡は東大将棋オリジナル百万手定跡を使用し、
定跡を早めに打ち切る設定を選ぶこともできる。
時間制限もできて、
「無制限」「25分切れ負け」「10秒」「5秒」「NHK杯ルール」
の設定が標準で可能で、
「詳細」を選んで自由に時間設定をすることもできる。
先読みON/OFF機能ももちろんある。
学習機能を使えば、
一度負けた手を指さないようにすることもできる。
棋譜読み上げと秒読みは、
千葉涼子女流王将、安食総子女流初段、島井咲緒里女流初段、鈴木環那女流初段が担当。

普通の安めの将棋ソフトは
このフリー対局機能だけなのですが
東大将棋8の機能は盛りだくさんです。

まずはいまや高性能な将棋ソフトには標準の装備になった
棋譜解析」と「検討モード」。

棋譜解析」は終局した対局の棋譜を解析して、
どの手がよくてどの手が悪かったかを判定して
形勢をグラフにして示してくれる機能です。

画像

画像


東大将棋では判定に
「好手」「悪手」「疑問手」「逸機」の4つが表示される。
判定のないものは、ソフトの読み筋通りか、
もしくはさほど形勢に変化を与えなかった無難な手、
ということになるでしょう。
「好手」は東大将棋の場合
「コンピュータの読みを上回るよい手」という意味ですが
少々疑問の残る判定もなきにしもあらず。
プロのタイトル戦の棋譜などを解析すると
双方に3、4回「好手」判定がでます。
棋譜解析してみて、「好手」判定された手がプロの棋譜並みにあったら
気分はいいもんです。

検討モード」は、その局面で何が最善手であるか
最大で10候補手まで、
読み筋とスコアを合わせて表示してくれる機能。

画像


これらは、独力で棋力向上を図るには
非常に有用な機能です。
さらに「東大将棋8」には
定跡道場」というものがある。
定跡手順をある程度進めて
そこから対局するモードです。

画像


「東大将棋8」には、プロ棋戦で大流行中の
後手一手損角換わり」の「棒銀」「腰掛銀」が
定跡道場のなかに入っています。

画像


終盤力を鍛えるために必要な
詰将棋機能も充実している。
16個の問題に答えて棋力を判定する「詰将棋道場」。
10問詰将棋問題に答える時間と得点によってランキングされる
詰将棋マシンに挑戦」。
詰将棋を任意の条件のもと生成する「詰将棋生成」。
1525手詰の「ミクロコスモス」をはじめとした
名作詰将棋が入っている「詰将棋観賞」などがあります。

出題される勝ちきり問題3問に正解することで
昇級昇段できる「棋力認定所」という機能もある。

これら機能を駆使して棋力アップができたら
いよいよ実戦です。

トーナメントとリーグ戦を戦える「将棋大会

画像


プロ棋士養成機関「奨励会」に似せたシステムで
昇段昇級してゆく「レーティング戦」。
そして女流プロ棋士との模擬対局のような
女流棋士に挑戦」です。

画像

画像

画像


坂東香菜子さんは負けたらお泣きあそばしたが
さすが女流王将ともなると、
負けても腕組みしてはりますわ‥‥。

というわけで
東大将棋8は楽しむ機能も、
強さも随一のまさに最強の将棋ソフトです。


最強 東大将棋8
プラットフォーム:Windows

(渡野川)

<将棋ソフトレビュー>
「激指 定跡道場」
「AI将棋 Version 14 for Windows 」
「最強 東大将棋8」
「ボナンザ2.1コマーシャルエディション」
「スーパー将棋マシン激指6」
「AI将棋 Version 13 for Windows」
「世界最強銀星将棋6 双頭の龍」
「爆発的1480シリーズ 100万人のための金沢将棋 レベル100」
「東大将棋 定跡道場 完結編」
「将棋ワールドチャンピオン 激指5」

<リンクしていただいたページ>
「コンピュータ将棋2006」「詰将棋メモ」さん)

にほんブログ村 PC家電ブログへ


ダイレクトショップ百貨店

最強 東大将棋 8

"最強 東大将棋8" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント